2019年12月22日日曜日

山の神様。

時々、鳥を驚かせてしまいます。
ウチの脚立では届かないので、収穫できなかった柿の実。甘い柿で、皆さんにも好評で。

柿の木を見上げて「まだ残っているんですね」という方や「高い所は危ないですものね」という方も。
時には「なぜ取らないのか」という方も。

そんな中、「山の神様にお供えするんですね」と呟いた方がいらっしゃいました。その方は、この平野部であっても、教会の柿の木ということで「山の神様に」と理解されたようでした。

認知し過ぎると感性が狭まってしまう…そんなことを感じた一言でした。






2019年10月23日水曜日

見方。

どんぐり、です。
拡大しないと分からないかもです。

木に留まっているのを見かけました。

これを、

「台風の風雨に耐えた」と見るか。

「秋に出遅れた」と見るか。

見方は心の見え方でしょうか。





2019年10月11日金曜日

くれぐれもお気をつけて。

台風19号が接近しています。今は嵐の前の静けさ。かすかに虫の音が聞こえています。

皆さん、それぞれに対策を進められたかと思いますが、くれぐれも注意してお過ごしください。身の安全が第一です。

運休情報や停電リスクなども出ています。不要不急の外出は避けましょう。台風が抜けてからも地盤が緩んでいる箇所も予想されます。落ち着いて行動させていただきましょう。

2019年9月28日土曜日

秋への準備。

彼岸花が満開です。咲き誇るというよりは咲き揃うという方が合っている気がします。いよいよ秋本番…と思いきや、汗ばむ日が続いています。






先の台風にて、柿の木の枝も少し折れましたが、今年も実をつけています。急な重さの変更で。もともと支えるであろう、準備していた枝振りが…急な予定変更で大変そうです。

2019年9月24日火曜日

彼岸花。

今年は気候が落ち着かないから、焦らずに咲いて欲しいなと思います。人間でさえ体調管理が難しいので。


2019年8月11日日曜日

無事かえる


Bloggerの設定がよく分からず、更新ができておりませんでした。当
梅雨の7月から猛暑の8月。暦の上では残暑ですが、夏本番といった感じです。蝉たちが慌てて出てきてるようで…ただ鳴き声からアブラゼミでなくミンミンゼミだという声を聞きます。

だいぶ前の話ですが、研修先の旅館にありました。研修前に撮りましたが、帰ってのお土産話を伝えるまでが大切だなぁと感じました。

「無事かえる」お盆休み、帰省中の方も多いと思いますが、くれぐれも道中お気をつけて。返りを待つ側は遅れてでも、帰ってきてくれることが嬉しいのです。休憩と水分をじゅうぶんにお取りください。そしてお盆休み。ご先祖やお墓参りのことを考える時間を…そちらもまた無事に帰れるように思って頂けたらと思います。

無事を伝えたいことと、無事を伝えて欲しいことと。
思い描いた、その先の間柄も大事なことのように思います。

2019年5月14日火曜日

12日は春のご大祭を、皆さんのお祈り添えを受けて、無事に仕えさせていただくことができました。ありがとうございました。



本郷親教会に御礼参拝させていただいた折「うちにも紫蘭があるのよ」とのこと。そこには白花紫蘭も。文字通りの白い紫蘭。自分の誕生花と知って、そのことを教会報で書かせていただきました。それから、多くの方々が気にかけて、その話題を広げてくれてで、ありがたく思います。
紫蘭の花言葉は「あなたを忘れない」まさしくと感じた次第です。